「必見」勉強に集中できない時の対策!厳選3つを紹介

生活

毎日勉強してるんだけど、まったく集中ができません。スマホばっかり触ってしまって一向に勉強が進みません。何かいい方法教えて下さい。

勉強に集中するコツですか?
ズバリいうと「勉強に適した環境作り」これが大事ですね。

こんにちは。たごさくです。勉強って中々集中できないですよね。

私は電気工事士ファイナンシャルプランナー3級の資格を持っていますが

集中して勉強できた為、短期間で合格できました。

集中力を高める方法はたくさんありますが、数が多いと実践しにくいので厳選3つを紹介します。

学生はもちろん、社会人の持ち帰りの仕事でもかなり効果的な方法です。

✓本日の内容

1.勉強に集中できない時の対策!厳選3つを紹介
  1.周りに勉強している人がいる環境で勉強する
   ☆バンドワゴン効果とは
   ☆社会的促進とは
  2.短時間で区切って勉強する
   ☆ポモドーロ・テクニックとは
  3.勉強の真の目的を明確にする
   ☆勉強する事が目的になっていませんか?
2.まとめ

勉強に集中できない時の対策!厳選3つを紹介

勉強イメージ

Mediamodifier / Pixabay

周りに勉強している人がいる環境で勉強する

これが冒頭でお話しした「勉強に適した環境作り」です。

よく言うのが「スマホを手の届かない所に置く」、「テレビのない部屋で勉強する」

ですが、×実はあまり意味がありません

・勉強していて少し疲れたからスマホを見たい→無い→じゃー漫画でも読もう

・勉強していて少し疲れたからテレビを見たい→無い→じゃーテレビの部屋に移動しよう

必ずこの様になりませんか?

スマホ→漫画→雑誌→耳かき→爪切り

目的のものがなければ、替わりが次から次にでてきます。キリがありません。

もしプログラミングなどPCで勉強していれば、ネットサーフィンができるので誘惑対象を無くすのは不可能です。

ではどうするのか?

ズバリ同じ目的を持った人が集まる場所で勉強します。

具体的には「図書館」「カフェ」「自習室」です。

ここでは「バンドワゴン効果」と「社会的促進」という心理が働きます。

☆バンドワゴン効果とは

人は周りに流される生き物です。大多数がやっている事は正しいと思ってしまいます。

・行列のできるラーメン店→きっとおいしいだろう

・お客のいないラーメン店→きっとおいしくないだろう。

こういう感覚になりませんか?

今回の場合、まず図書館を想像してみてください。

シーンとしていて勉強している人がたくさんいます。

「カリカリ」と字を書く音のみが聞こえます。

みんな黙々と勉強しています。さぼっている人はいません。

そんな場でずっとスマホを見ていられますか?1人だけ漫画を読めますか?

ここでは勉強するのが良い、当たり前と感じ自然と自分もに取り組む事になります。

これを行動心理学では「バンドワゴン効果」といいます。

☆社会的促進とは

他社と同じ作業をする、又は他社がそばにいるだけで作業効率が上がります。

・複数人で同じ事をする→つられる、競争意識が芽生る。作業効率UP

・周りに人がいる→見られている?といつもよりがんばってしまう。モチベーションUP

今回の場合は

・周りの学生がまじめに勉強している→つられて勉強してしまう、周りの学生に負けなくないと感じる

・周りの学生に見られている→不真面目にはできない、いつもよりがんばってしまう

このような心理が働き、部屋に引きこもって一人で勉強するよりも集中する事ができます。

短時間で区切って勉強する

人の集中力は何時間も持続しません。

時間を決めずに勉強をするとダラダラしてしまい、全く勉強がはかどらないでしょう。

そこで効果抜群なのが「ポモドーロ・テクニック」です

☆ポモドーロ・テクニックとは

メンタリストDaigo氏が実践する事で、日本でも一気に広まった方法です。

生みの親はイタリアのコンサルタント、フランチェスコ・シリロ氏。

これは「25分+5分」に区切って作業を行うというテクニックです。

具体的には25分間勉強し、5分間はトイレなどの休憩を挟みます。その30分サイクルを繰り返します。

実践すると25分は結構短いと感じるでしょう。しかし、そこがポイントです。

短時間しかない為いかに効率よく勉強するのか、時間を大切に使う癖が身に付きます。

注意点として、5分間の休憩ではSNSやゲームは控えましょう。

次の25分の時に「またメールきているかな?」「ゲームもっとやりたいな」となる事を避ける為です。

休憩はコーヒー、トイレ、ストレッチなどで心を無にしましょう。

ポモドーロ・テクニックを実践すると驚くほどの集中力で勉強が進みます。

勉強の真の目的を明確にする

☆勉強する事が目的になっていませんか?

あなたは何の為に勉強していますか?

テストで良い点を取る為?

課題、宿題をこなす為?

学生だから?

資格を取得する為?

もしそうなら少し先の本当の目的を考えて下さい。

・テストで良い点を取る→目的の学校に入学する→生物の研究がしたい

・資格を取得する→資格取得で身に着けた知識をつかい、仕事で結果を出したい

これはモチベーションを維持するためにはとても大切な考えです。

目先の小さな目的だけを見ると勉強の集中力とモチベーションが続きません。

先の目標が見えていると勉強につまづいた時、振り返る事でやる気に満ちた自分に戻る事ができます。

まとめ

いかがでしたか?

集中できないの自分の気持ちが弱いからと思っていませんでしか?

今回の方法を取り入れると、忍耐力が弱くても自然と勉強に集中する事が可能です。

さあ!今から勉強する為に図書館やカフェに移動しましょう。

そこで先の目的をまず明確にし、時間を25分+5分に区切って勉強しましょう。

必ず最高のパフォーマンスを得る事ができるでしょう。

 

以上が、「必見」勉強に集中できない時の対策!厳選3つをご紹介 でした。