京都アニメーション放火の犯人とその動機とは?京アニどうなる

ニュース

京都アニメーションが放火され33人が死亡するという悲しい事件がおこりました。

犯人は関東在住の41歳。

この卑劣な犯人の名前と身元、そしてSNSと顔写真を調査しました。

京アニ放火の詳細

 18日午前10時半すぎ、京都市伏見区桃山町因幡の映像制作会社「京都アニメーション」の第1スタジオで、男がガソリンをまき、火を付けた。京都府警や市消防局によると、鉄筋コンクリート造り3階建て延べ約690平方メートルが全面燃焼し、消防によると、午後9時現在、建物内に取り残された男性12人、女性20人、不明1人の計33人の死亡が確認された。36人がやけどを負うなどして救急搬送された。火を付けたとみられる男も重いやけどを負い、病院で治療を受けている。府警捜査1課と伏見署が殺人と現住建造物等放火の疑いで捜査し、男の回復を待って事情を聴く方針。火災による死傷者数が60人を超え、平成以降で最悪の大惨事となった。

 捜査関係者などによると、火を付けたとみられるのは41歳の男。男はガソリンを入れたバケツを持って1階フロアに侵入し、受付近くでいきなりガソリンをまき、「死ね」と叫びながら火を付けたという。府警が数分後、近くの路上で男の身柄を確保した際、男は手足や胸をやけどした状態だった。その際、「小説を盗んだから放火した。チャッカマン(多目的ライター)を使った」との趣旨の話をしていたという。京都アニメーションでの勤務歴はないという。
 現場では男が所持していたとみられるガソリン入りの携行缶のほか、複数の刃物などが発見された。府警は、男が強い殺意を持って第1スタジオを訪れ、ガソリンを使って放火した可能性が高いとみている。

 

 

京アニ放火の犯人は誰?名前を調査

12年に茨城にてコンビニ強盗をした犯人と同一人物と報道されています。

そこから調査すると青葉真司容疑者が今回の放火犯の可能性が高いと推測されます。

犯人は今月14日にも隣人トラブルを起こしています

放火した男の自宅とみられるさいたま市内のアパートには18日夜、多くの報道陣が集まった。隣の部屋に住む男性は、14日に男とトラブルになり、胸ぐらをつかまれて「殺すぞ。こっちは余裕がないんだ」とすごまれたと明かした。

男性によると、14日昼ごろ、上の階からの音を男性の部屋からと勘違いしたのか、男が壁をドンドンたたき、怒鳴ってきた。説明しようと男の部屋の呼び鈴を押すと、玄関から出てきた男がいきなり男性の胸ぐらと髪をつかみ、10分ほど暴言をはかれた。以前には、男の部屋から壁が響くほどの大音量で音楽が流れ、近隣の通報で警察が駆け付けることがあったという。

部屋は1Kで家賃約4万円。男は4年ほど前から住んでいた。身長180センチ前後で太った体形、スポーツ刈りにめがね姿で「オタクっぽい感じ」。働いている様子はなく、無精ひげで体臭を漂わせていた。住民は「17日の夜までは部屋から音がしていた」と話した。

男の関係先とみられる同市内の更生保護施設にも報道関係者が集まった。刑務所から出所した人などが自立するまでの間、無料で入寮できる施設で、法務省の保護観察官が現れ、男が以前に入寮していたかどうかについて「個別の案件には答えられない」と話した。

まとめ

今回の京アニ放火事件では33人もの方が亡くなるといった悲惨な事件となりました。

亡くなられた方には心からご冥福をお祈り申し上げます。