荒川区で女子大生が冷蔵庫で遺体!父親が自殺した場所は?【木津屋】

 7月7日の0時50分頃、東京都荒川区東尾久にある和菓子店で冷蔵庫の中から死体が発見されました。

 

被害者は大学1年生の木津いぶきさんです。

 

和菓子店を経営する父親と連絡はとれなくなり、その後にさいたま市内で遺体で発見されました。

 

犯人は父親なのか?動機は何で自殺原因は何なのか?合わせて調査をしました。

【東京荒川区東尾久4丁目事件】和菓子店木津屋の事件詳細

警視庁によりますと、7日午前0時50分ごろ、東京 荒川区東尾久4丁目にある和菓子店の冷蔵庫の中で女子大学生の木津いぶきさん(18)が死亡しているのが見つかりました。この店を経営する父親と連絡がとれなくなっているということで警察が詳しく調べています。

現場の和菓子店は飲食店や商店などが並ぶ通りに面していて、午前7時半の時点で店の正面にある出入り口のシャッターは閉まったままです。店の前にはパトカーが1台止まっていて、シャッターには「都合によりしばらくお休み致します」と書かれた紙が貼られています。

 

 

東京都荒川区東尾久の和菓子店の冷蔵庫内で木津いぶきさん(18)の遺体が見つかった事件で、連絡が取れなくなっていた父親とみられる遺体がさいたま市内で見つかった。

 父親は「娘を切った」「川に沈んで死ぬ」などと告げたまま連絡が取れなくなっており、警視庁尾久署は父親が事情を知っているとみている。

引用YAHOOニュースhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190707-00000516-san-soci

犯人は父親か?

娘を切った、川に沈んで死ぬと言っており、犯人は父親の可能性が高いでしょう。

 

父親も事件に巻き込まれた可能性も無きにしも非ずですが、殺害し怖くなって自殺というパターンではないでしょうか。

 

ネットやSNSには親子の不仲説などの情報はみつかりませんでしたが

 

殺害にいたる原因については引き続き調査します。

 

事件が起きた所在地

〒116-0012 東京都荒川区東尾久4丁目33−7

 

町の声

サイコパスが最近は増殖中ということでしょうか。

 

日本が安全と言われた時代が懐かしいです。

 

 

まとめ

「和菓子店」と「遺体」という絶対に交わらないキーワードが混ざってしまうという事件になりました。

 

殺害された木津いぶきさんにはご冥福をお祈り申し上げます。